注射するだけですっきりしたフェイスラインに

知ることが大事

注射器

知識を身につけておこう

美容整形にはいろいろな種類があるので、施術を受けるにはそれぞれの施術法に関する知識を身につけてからにしましょう。その方が後悔したり、失敗したりすることもありません。例えば、小顔効果を期待するためにボトックス施術を受ける人が増えてきていますが、これについても事前にきちんと内容を調べておく必要があります。小顔効果を期待できるといっても、人によって小顔の定義は異なるものです。それに元の状態もそれぞれ異なります。まずはカウンセリングを受けて状態をチェックしましょう。その時にボトックス施術でどのような効果を得られるのか、主治医がいろいろと説明してくれます。また、人によってはボトックスによって副作用が生じることもあるので、その点も理解しておきましょう。副作用はいろいろありますが、多いのは患部の腫れです。施術後しばらく腫れてしまうことがありますが、これは次第に引いていきます。他には施術した箇所の痛みも挙げられます。こちらも通常、引いていくので特に気にすることはありません。このような副作用が生じることもあるからこそ、多くのクリニックでは施術後も何度か受診するように勧めています。つまりアフターケアがきちんとしているクリニックを選ぶことは必須です。
ボトックス施術を受けるからにはその仕組みやサービス内容を確認しておきましょう。クリニックによって多少の違いはあるものの、仕組みには大差ありません。通常、美容成分を注入するといった施術になっています。この美容成分というのは目的によって配合されるものが違ってきます。小顔になるためにボトックス施術を受ける場合には、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分が配合されたものを注入することが一般的です。これらの美容成分には肌の潤いを取り戻したり、引き締め効果があったりするからです。ボトックスは一度の施術で効果を半年以上、持続させることができます。ただし、半年後もしくは一年後にはその効果が失われて元に戻ってしまうこともあるのです。その点を考えると、定期的にこの施術を受けないことには効果を持続させることはできません。小顔効果を持続させたいのなら、半年に一回、一年に一回という頻度でこの施術を受けるようにしましょう。そうすれば、ずっと小顔のままで居ることができます。クリニックによっては定期的に施術を受けられやすいように割引クーポン券を適用していたり、効果が切れやすいタイミングで施術を促したりすることもあります。いずれにしても主治医の意見を参考にして頻度を決めた方が無難です。

Copyright© 2019 注射するだけですっきりしたフェイスラインに All Rights Reserved.