注射するだけですっきりしたフェイスラインに

堂々と見せられるエラに

注射

申込方法と特徴を知ってエラ治療にトライ

多くの美容整形外科はネットで予約できますが、中には電話予約のみという場合もあるため、その際はクリニックの営業時間中に連絡しましょう。ボトックスの小顔治療を受けたい旨を伝えれば予約手続きができますから、予め希望日時を第1から第3まで考えておくとスムーズです。電話予約しか受け付けていない医院でも、予約状況はサイト上で案内していることがあるので、チェックしてみると良いかもしれません。そして、予約日の指定時間にクリニックに行きますと、初診なら問診票が渡されます。問診表は書き終わった後に受付などへ提出しますが、ボトックスの施術部位が顔の場合、その際にメイクオフをお願いされることがあります。筋肉の状態を正しく把握するためにも大切なことなので、洗顔を依頼された時はしっかり化粧を落としておきましょう。順番がくればカウンセリングを受けますが、分からない点があれば遠慮せずに確認しておき、ボトックスで小顔に改善して欲しいポイントも詳しく伝えてください。患者から要望があれば医師はそれに合わせて治療方法を提案してくれるので、後は相談しながら仕上がり目標を決めましょう。そのほか、カウンセリングでは具体的な施術費用も教えてくれるため、小顔治療の正式な申込は予算的に納得してから行います。
一般的に有る物を無いように見せることに比べたら、無い物を有るように見せる方が簡単とも言われています。例えばバストなどもその1つですが、顔のエラも同様で、エラが大きく左右に張っている場合、それを隠すのは容易なことではありません。ですが、美容整形外科のボトックス治療なら、そんな悩みを手軽に解決できるようになっています。この小顔治療の特徴は、ボトックスを注射器でエラに注入するだけで終わることであり、そのためメス類は一切使いません。なので顔を切る整形治療は嫌、という場合でも不安なく受けられる小顔施術となっている訳です。この小顔注射は筋肉由来のエラ張りに対してのみ有効ですが、主原因が咀嚼筋にある限り、注射だけで小顔になれる見込みが十分にあります。実はボトックス自体にエラを小さくする力はなく、この薬の役目は筋肉の動きを止めることです。しかし、筋肉は日頃から使ってこそ、初めて大きくなるのであって、使わなければ自然と小さくなっていきます。つまり、この仕組みによって小顔にしてくれるのが、ボトックスのエラ治療の優れた特色となっているのです。また、ボトックス注射は単体治療のほか、脂肪溶解注射などとの平行施術が可能なことも特徴なので、組み合わせ治療も柔軟に行えます。

Copyright© 2019 注射するだけですっきりしたフェイスラインに All Rights Reserved.